戦争遺跡

かつて飛行機を隠した、札幌市ひのまる公園

こんにちは!スモモ@aspe_sumomoです。

今回は、歴女なわたしが札幌で見つけた、街の中に溶け込んでいる「歴史」についてご紹介します☆

普段、よくそばを通ったり、遊んだりしている公園には、意外な「戦争」の歴史がありました。

札幌の戦争遺跡・美香保公園の高射砲台座跡こんにちは!スモモ@aspe_sumomoです。 わたしは歴史的な建物や遺物が好きなのですが、「有名な場所」よりも、意外と身近なところ...

ひのまる公園の概要

ひのまる公園とは

名称 : ひのまる公園

所在地 : 札幌市東区北41条東10丁目

開園 : 1974(昭和49)年

ひのまる公園は、遠くから見てもうっそうとしているのがわかるほど、緑豊かな公園です。

25種類以上の木が約1400本あり、「公園」というよりは「森」という印象です。

元は、明治時代に札幌村3大農場に数えられた「日の丸農場」の原始林でした。

大きな通り(空港通り)に面した入口です。

 

遊具広場もあり、休日や放課後は子供たちでいっぱいになります。

 

夏には水遊びができます。森の中の水遊びは気持ちがいいです。

スモモ
スモモ
森の中なのでカラスが多く、水遊びの最中に、置いていたお菓子の袋を取られたことがあります!

野球場やテニスコートもあり、スポーツを楽しむ人たちでにぎわいます。

野球場では、夏祭りも行われます。

かつて日の丸農場だった痕跡

公園の中央に、「日の丸農場記念之碑」があります。

実は、第二次世界大戦後の最中、この農場の原始林内に「飛行機を隠した」という話が伝わっています。

 

 

公園内のどこに飛行機が隠されたのでしょうか・・・。痕跡は残っていません。

1945年(昭和20年)、「札幌が空襲される」との情報が入り、本土決戦に備えて「札幌飛行場」の飛行機を農場に隠したのだそうです。

旧札幌飛行場の正門跡数年前、札幌市の北区役所近くに、なんだかとても歴史を感じさせる門があるのに気が付きました。 こんにちは!スモモ@aspe_sumo...

札幌の空襲

札幌が空襲にあったのは1945(昭和20年)の7月15日。

前日の7月14日に「空襲情報」が入り、本土決戦に備えて、丘珠・北24条の札幌飛行場から、人力で飛行機を運び出して、日の丸農場を含む数ヶ所に隠したそうです。

スモモ
スモモ
長い距離を人力で運ぶというのは、今ではなかなか想像できないですね。

「1機を10人くらいで押して、森林内に隠した」

という証言も残っています。

札幌空襲では、市内6ヶ所が機銃掃射などの被害を受け、東区の男性が1人亡くなっています。

まとめ

 

森や遊具、水遊びやスポーツの施設もあり、大人から子供まで楽しめるひのまる公園。

かつての農場の雰囲気や、飛行機を隠した痕跡などは残っていません。

スモモ
スモモ
でも、時には「そういう歴史もあったのだなあ」と思い出すのもいいですね♪

他にも、普段何気なく利用している場所に、意外な「歴史」が隠れていることがあるかもしれません。子供と探索してみるのも面白そうですね!

 

 

プロフィールはこちらです

アスペママ・スモモ流子育てはこちらです

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。