子育て

手づくり「アポロ」と「きのこの山」キットがかわいくて楽しい!子供が作ってみたよ♪

子供たちが好きで、大人にとっても昔からおなじみのお菓子、「アポロ」と「きのこの山」。

なんと、これらを手作りできちゃうキットがあるんです!!

こんにちは!スモモ@aspe_sumomoです。

ちょっと(かなり)不器用なわたしと、自閉症スペクトラムの小2の長女がチャレンジしてみました!

アポロを作ろう

こちらがアポロのキットです。

長女イチゴに見せると、さっそく

イチゴ
イチゴ
かわいい!やってみたい!!

とやる気を出していました!!

 

作り方は、箱の裏に載っています。

チョコペンを溶かして方に流すだけなので、子供にも簡単ですね♪

 

中には、チョコの型、3色のチョコペンと、飾りに使うカラフルミンツ、そしてスティックが1本入っています。

スモモ
スモモ
スティックは、アポロに刺して「棒つきキャンディー」みたいにするものですね♪

 

アポロの型はこんな感じです。

イチゴ
イチゴ
ケーキとうさぎがかわいい!!

 

コップに50度以上のお湯を入れて、チョコペンを溶かします。

このコップは浅くて、ペンの先までお湯に漬からなかったので、最初は先の方のチョコが溶けませんでした・・・あとでペンをひっくり返してもう一度よく溶かしました。

 

イチゴ
イチゴ
さっそくはじめるぞ~!

チョコは、固まらないうちに次の色を重ねてOKでした♪

 

綺麗に型に入っています。ミンツを先に入れれば良かったかな・・・

 

このまましばらく冷蔵庫に入れておきます♪

実は、全ての型に入れ終わるころには、チョコがだいぶ固まりかけていたのですが、念のため冷やしました。

きのこの山を作ろう

きのこの山のキットはこちらです。

 

中身は、チョコの型、3色のチョコペン、そしてきのこの「軸」の部分になるクラッカーが入っています。

きのこの山の型はこちら。超ミニサイズや、なぜか「たけのこ」も混じっています。

 

ある程度チョコが固くなってからクラッカーを刺さないと、すぐ倒れてしまいます。

 

イチゴ
イチゴ
アポロの方で余ったミンツも使うの!

こちらも、終わるころにはほとんど固まりかけていましたが、念のためしばらく冷蔵庫に入れておきました。

ロッテ 「コアラのマーチ お菓子の家手作りキット」で楽しんだ!バレンタインデーにもおすすめ!子供の時に憧れた、お菓子の家☆ 今は、「お菓子の家キット」も色々売られているので、チャレンジしやすいですね!! こんにちは!スモモ@...

手づくりアポロ、きのこの山、完成!!反省点

きのこの山を型から外す前の写真です。

実は、綺麗に並べて写真を撮りたいと思っていたのですが、イチゴと次女ニコがあっという間に平らげてしまったんです泣

ですから、わずかに撮影できた分をご紹介します☆

こちらはスティックを刺したアポロ。くっきり色が分かれています。

 

3色が層になった、きのこの山。

 

イチゴが、

イチゴ
イチゴ
1番うまくいったからママにあげる

と言ってくれたケーキ型。

反省点は、やはり「型から抜いた時」の見た目を考えると、飾りのミンツを先に入れておけば良かったというくらいですね。

7歳の子がとても楽しんでトライしてくれました。

複雑な準備もいらないし、簡単なので、お友達が来た時に一緒にやってもいいかもしれませんね☆

プロフィールはこちらです

アスペママ・スモモ流子育てはこちらです

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。